社会保険労務士の開業情報

社会保険労務士 営業のツボ記事一覧

社労士の営業方法の実際

社会保険労務士として開業したら、もっとも大切な「営業の仕事」が待っています。当然、独立開業したら営業は避けて通れませんし、多くの新人社労士の先生が苦しむところでもあります。ここではどのような営業法があるかを効果性がどれくらいあるかを交えてご紹介します。社労士の営業方法の実際1、飛び込み訪問 ☆☆営業...

≫続きを読む

社労士の集客法

多くの社会保険労務士が、独立開業したら、「営業頑張るぞ」と意気こんでいますが、よっぽどのハッタリや説得力がないと顧客は獲得できません。「集客」という言葉がありますが、社労士営業のコツは、まさにここにあります。ここでは「集客」について解説しましょう。社労士の集客法まずは、わかりやすく「集客」について理...

≫続きを読む

社労士の顧問獲得法

最近ではいろいろな「社労士のスタイル」が出てきていますが、やはり顧問客を獲得することは、安定収入をもたらしますので事務所経営にとって大きなプラスになります。しかし、多くの新人社労士の方が、スポットは取れるけど顧問につながらないという悩みを持っていらっしゃいます。ここでは、その悩みに対してどうしたらよ...

≫続きを読む

社労士のダイレクトメールの実際

社会保険労務士はなぜか営業の苦手な人が多いので、会わずして集客できる「ダイレクトメール」はいつの時代も人気です。ここでは、ダイレクトメールの実際についてお話しましょう。ダイレクトメールの実際会わずして集客できるということは、「通販」を思い浮かべていただきたいのですが、逆に言うと、紙だけで「怪しさ」を...

≫続きを読む

社労士のダイレクトメール(DM)の作り方

私は、多くの方の相談にのる過程で、社労士の先生が書いたダイレクトメールを見る機会が多いのですが、正直言って、「もうちょっと改善しないと反応がないだろうな・・・」というDMが多いなと思います。ここでは、効果的なダイレクトメール(DM)の作り方のコツをお話しましょう。社労士のダイレクトメール(DM)の作...

≫続きを読む

社労士のセールストーク

社会保険労務士の先生から営業の話を聞くと、「面談で何を話したらいいのかわからないんですよ」という先生は案外多いです。が、どんなにDMで反応が得られても、どんなにネットで見込み客が来ても、面談で「この人に頼もう」と思ってもらえなければ成約できません。ここでは、社会保険労務士がセールストークでいかに成約...

≫続きを読む

社労士のネットでの集客の実際

社会保険労務士の営業ノウハウで、世の中にかなり出回っているのがネットを使った営業ノウハウです。個人的には、ネットで顧客獲得は「できる」ものと思っていますが、ネットでの集客ノウハウを売っている先生が言うような効果は残念ながらないと思っております。ここでは、社労士のネットでの顧客開拓の実際をお話します。...

≫続きを読む

社労士のフェイスブックなどSNSでの集客法

フェイスブックが大流行していますね。ビジネスでもフェイスブックを使った集客法などが出回っています。社会保険労務士の営業にフェイスブックは使えるのか?今日はSNSを使った顧客獲得についてお話します。社労士のフェイスブックなどSNSでの集客は?すべての営業法や集客法について言えるのですが、基本的に「それ...

≫続きを読む

社労士の最短顧客開拓の方法「紹介」

「社会保険労務士の営業法で最も効果があるのはどのやり方ですか?」と聞かれたら、「ダンゼン紹介です。」と答えます。どんどん顧客を開拓しているやり手社労士は、ほぼ例外なく「紹介」を軸にお客様を増やしています。それでは、ここでは社労士の「紹介」を軸にした営業についてお話していきます。社労士の最短顧客開拓の...

≫続きを読む

社労士の助成金営業の実際

助成金で営業する時代は終わった・・・。そんなことがよく囁かれています。が、私の見解はちょっと違います。ここでは、ここ最近の助成金営業についてお話していきましょう。社労士の助成金営業の実際ちょっと前までは、雇い入れ時の助成金ということで、若年者正規雇用化特別奨励金や3年以内既卒者トライアル奨励金など受...

≫続きを読む

社労士のニューズレター(事務所だより)

社会保険労務士で、営業ツールとしてニューズレター(事務所だより)を出している人は多いですが、ほとんどの人は「ゴミ箱直行」の内容となっています。ここでは、社会保険労務士が出すべきニューズレターについてお話します。社労士のニューズレター(事務所だより)ニューズレターを出す時にもっとも大事なのは、「読まれ...

≫続きを読む

社労士営業 税理士からの紹介

社労士として開業したときに税理士に挨拶に行くということを営業の一環としてやっていらっしゃる方がいます。ここでは、税理士への営業は効果的かについてお話します。社労士営業 税理士からの紹介社労士にとって、最も身近で関係がある存在は、間違いなく「税理士」です。営業という点では、税理士からの「紹介」はとても...

≫続きを読む

社労士営業のコツ 面談その1 服装

開業したばかりの社会保険労務士の方から、時々「服装はどうしたらいいですか」と聞かれます。営業にふさわしい服装とはどういったものでしょうか?ここでは、服装についてお話したいなと思います。社労士営業のコツ 面談その1 服装まず、服装の話に入る前に、あなたのパーソナリティ、方針、そして、演出について知る必...

≫続きを読む

社労士営業のコツ 面談その2 訪問時

営業で見込み客のところへ訪問する際、当然「アウェイ」ですので、いろいろと気を使わないといけません。認知度が高まっているとはいえ、まだまだ相手は、「社会保険労務士」のことをよく知らない場合が多いですので、訪問時には、かなり細かいところまで見られていると思った方がいいでしょう。ここでは、訪問時の注意点を...

≫続きを読む

社労士営業のコツ 面談その3 名刺交換

面談する際、挨拶と自己紹介はとても重要です。なぜなら、悲しいかなどれだけ「中身で勝負」と言っていても、ファーストインプレッションでその後の関係が決まると言っても過言ではないからです。ここでは、初対面で印象をアップする方法として、「名刺を使った方法」をお話します。社労士営業のコツ 面談その3 名刺交換...

≫続きを読む

社労士営業のコツ 面談その4 トーク

いくら国家資格者「社会保険労務士」でも、営業先では、経営者から見ると単なる「営業マン」としか見られません。ここでは面談で多くの先生が困る「トーク」についてお話します。社労士営業のコツ 面談その4 トーク「営業先でいったい何を話したらいいのかわかりません」そのようにおっしゃる方はとても多いです。また、...

≫続きを読む

社労士の営業スキル・テクニック

世の中には、社会保険労務士の営業、顧客獲得ノウハウが出回っていますが、いったいどれが最も効果があって、自分に合っているのかがなかなかわからないかと思います。が、あらゆる営業法を取る中で、ただ一つだけ身につけるべき営業スキルや顧客獲得テクニックが存在します。ここでは、そのスキル・テクニックについてお話...

≫続きを読む

社労士が顧客開拓するときの2つの気持ち

開業前後の多くの社会保険労務士が陥るワナがあります。このワナにいち早く気づけるかで、顧客獲得までのスピードが決まってきますのでお話します。社労士が顧客開拓するときの2つの気持ち興味深いことに、実務に自信がない開業前後の社会保険労務士の方の話を聞くと、2つの矛盾する気持ちの中で顧客開拓をしようとしてい...

≫続きを読む

顧客獲得できない社労士の共通点

顧客が取れない社労士の共通点と聞いて、ドキッとする人もいるでしょう。しかし、現実から目を反らしてばかりいて、顧客が取れない要素を取り除いていけないのであれば、顧客獲得にとても時間がかかってしまいます。まあ、時間的余裕があればいいのですが、そうでないなら一刻も早く自分を見つめ直した方が、成果が早く出る...

≫続きを読む

顧客獲得できない社労士の共通点 2

前回に引き続き顧客がなかなか獲得できない社労士の共通点を見ていきましょう。顧客獲得できない社労士の共通点 24、客観的に自分を見ることができない顧客にとって、「頼めない要素」をつぶしていけないと当然顧客獲得はできません。例えば、シャツがだらしなく出ているとか、顧客に情報を教えてあげたあとに「俺って頭...

≫続きを読む

顧客獲得できない社労士の共通点 3

前回、前々回に引き続き、社会保険労務士の顧客獲得にとって、何が大事かをお伝えします。顧客獲得できない社労士の共通点 37、感謝がない、足りないこれは社会保険労務士に限らず、商売の基本中の基本ですね。でも、足りない人が多いなと思うし、自分自身、まだまだ足りないなと思います。大事なことは、ただ思っている...

≫続きを読む

社労士顧客開拓のマインドセット

営業が苦手な人にとって、営業活動は心身ともに大変疲れ、断られることにより自信を失い、顧客開拓を続けることが困難になります。ここでは、営業が楽になるマインドセットをご紹介します。社労士顧客開拓のマインドセット営業をしていく際に、もっともお勧めするマインドセットは、「目の前の人に何でもいいから役に立つ」...

≫続きを読む

社労士営業 時間の使い方

社会保険労務士として開業すると、自営業なので、自分の時間は自由に使えるようになります。しかし、顧客開拓に悩む人の話をよくよく聞いていると、時間の使い方を「成果の上がらない使い方」をしているケースが多いと感じます。今日は、営業における時間の使い方についてお話します。社労士営業 時間の使い方時間の使い方...

≫続きを読む

社労士に売りは必要か

開業前後の社会保険労務士の方によく言われるのが、「売りがあった方がいいですか?」とか、「売りがないのでこれから作ろうと思うのですが」というセリフです。ここでは、社労士の“売り”についてお話します。社労士に売りは必要か多くの人が、「売りが欲しい」ということで、「得意分野」か「画期的な商品・サービス」が...

≫続きを読む

社労士 開業準備中の営業法

私が、社会保険労務士の開業準備中の方に必ずアドバイスすることがあります。もちろん、これからする話が、既に開業した方に関係ないかというと、そうではありません。もし今回の話を聞いて、「それやってないよな」と思われたのならそれは危険ですのでよーくお聞きください。開業準備中の社労士の営業法開業前に営業という...

≫続きを読む

社労士 開業準備中の営業法 その2

前回の続き、開業準備中の社労士の方へのアドバイスの「その2」です。開業準備中の社労士の営業法 その2前回、「開業前から営業は必要です」ということで、私が、開業前でも、できるだけ早い段階で、「経営者と話す機会を持ってください」という理由の2つ目、3つ目をお話します。2、経営者の考え方や困っていることを...

≫続きを読む

社労士顧客獲得にとって最も大切なスキル

最近巷ではいろいろな営業法が出回っていますが、私が考える最も重要なスキルについてお話します。社労士顧客獲得にとって最も大切なスキル飛び込み、DM、チラシ、ネット(ホームページ)、フェイスブック、異業種交流会、士業への営業、紹介等、どの営業法を取るにしても、すべてに共通する根幹となるスキルがなければ、...

≫続きを読む

社労士の売りと差別化について

社会保険労務士として営業をする際、「売りがあった方が差別化できるしいいかな」と多くの方が思っています。ここでは、「売りと差別化」についてお話したいなと思います。社労士の売りと差別化についてネットを見ているといろいろな社労士の方が他と差別化するために、いろいろな「売り」を作って営業活動をされています。...

≫続きを読む

社会保険労務士という仕事の説明

一般の人々から見て社会保険労務士という仕事は、何をやってくれるのかわかりにくい仕事です。しかし、職業としてやっていくには、社労士という仕事をわかりやすく説明できないと仕事は入ってきません。また、紹介も得ようがありません。ここでは、社労士という仕事の説明についてお話しましょう。社会保険労務士という仕事...

≫続きを読む

社労士究極の営業法

世の中には売らずして売れてしまう「営業の達人」たちがいます。まさしく、「究極の営業法」なわけですが、誰もができるわけではありません。ここでは、あえて「営業の理想形」に迫ってみたいなと思います。社労士究極の営業法私が考える社労士究極の営業法は、「魅力で顧客や紹介を得る」です。簡単に言うと、「好かれる」...

≫続きを読む

社労士営業 受注テクニック1

開業したばかりの社会保険労務士の方のうち、最も多い悩みが「受注できない」という悩みです。頑張って営業をしているのにいざ経営者と話す段階になったら、相手に響くトークができず、「お願いします」と言ってもらえない・・・。ここでは、受注のテクニックについてお話しましょう。社労士営業 受注テクニック1面談でも...

≫続きを読む

社労士営業 受注テクニック2

前回に引き続き、「お願いします」と言ってもらうための受注テクニックの第2回目です。社労士営業 受注テクニック2「しゃべらない」ことは、立派な受注テクニックです。だいたい営業の場面では、多くの方がしゃべりすぎです。しかも上から目線で「説教」するのは最悪です。開業して間もない社労士なら、ほとんどの場合、...

≫続きを読む

社労士営業 受注テクニック3

引き続き、「お願いします」と言ってもらうための受注テクニックの第3回目です。社労士営業 受注テクニック3社会保険労務士は、専門家ですのでついつい細かい知識の話をしてしまいます。が、必要以上に細かい話は、相手をイライラさせてしまいますので注意が必要です。知っておくべきは、「相手は何が聞きたいか」です。...

≫続きを読む

社労士営業 受注テクニック4

社会保険労務士の受注テクニック4番目です。社労士営業 受注テクニック4受注の確率を上げるには、「オファー」を投げかけることが有効です。オファーとは「提案」のことです。ビジネスで受注をするには、相手が「それなら自分にメリットがあるな」と思ってもらわないといけません。「仕事をください」と言うだけでは、メ...

≫続きを読む

社労士 セミナー営業で顧客は取れるか?

勉強熱心な方の間でポピュラーなのがセミナーを開催し、そこから顧客を得るという手法です。果たしてセミナー集客から仕事がとれるのでしょうか?ここでは、セミナー営業について考察していきましょう。社労士 セミナー営業で顧客は取れるか?結論から言うと、セミナー営業は、かなり高度な営業法です。なぜなら、結局は、...

≫続きを読む

社労士営業 受注テクニック5

社労士の受注するためのテクニックのその5です。社労士営業 受注テクニック5多くの成約ができない方は、相手が欲しがっていることを決めつけて話してしまい、目の前の見込み客に引かれてしまっています。例えば、「御社では就業規則を作成されていますか?もしまだでしたら就業規則を作成しておかないと、会社を守れませ...

≫続きを読む

社労士営業と法改正

社会保険労務士は、法改正があったときに、「法改正に対応する必要があるから営業のチャンスだ」と捉える人が結構いらっしゃいますが、ここでは法改正と営業についてお話したいなと思います。社労士営業と法改正コンプライアンスという言葉がすっかり定着しつつありますが、法令遵守という時代の流れはまさに社労士にフォロ...

≫続きを読む

社労士営業でやってはいけないこと

営業に慣れていない社会保険労務士が、場数を踏んでいないうちは、無意識でやってはいけないことをやっていたりします。ここに気づくかで、顧客獲得のスピードが変わってきますので、是非セルフチェックをしてみてください。社労士営業でやってはいけないこと営業の場面でやってはいけないことは、「自分本位の営業」です。...

≫続きを読む

社労士営業 仕事を呼び込む魔法の言葉

開業間もないのに仕事を結構依頼されている社会保険労務士の方がよく口にする魔法の言葉があります。一見すると、「そんなことで仕事が入る訳ない」とか、「マーケティングの原則に反している」と思われそうですが、そこには、「顧客が士業に頼む理由」と実にマッチする概念がありますので、ご紹介しましょう。社労士営業 ...

≫続きを読む

社労士営業と料金表

社会保険労務士は「何をやってくれるか」がわかりにくい仕事です。頼んだことがある人ならいいのですが、多くの場合、「社会保険労務士とは・・・」という説明からしないといけないかと思います。もちろん、社会保険労務士の仕事の価格はさらにわかりにくいものです。ここでは、料金表についてお話しましょう。社労士営業と...

≫続きを読む

社労士営業 わかりやすく話すには

社会保険労務士は、専門職ですので、難しい専門用語や複雑な制度の話をしないといけない場面が多い仕事です。しかし、顧客は素人であるため、そのような難しい用語や制度の話を聞くのはとてもストレスになります。ここでは、わかりやすく話す方法論についてお話しましょう。社労士営業 わかりやすく話すにはわかりやすく話...

≫続きを読む

社労士営業 タイアップ営業1

社会保険労務士は、通常の場合、法人営業をしていくことになるわけですが、同じく、「法人を顧客にしている人や企業」とタイアップすることで、紹介が得られやすくなります。ここでは、社労士のタイアップ営業についてお話しましょう。社労士営業 タイアップ営業1タイアップ営業というとまず思いつくのが「他士業とのタイ...

≫続きを読む

社労士営業 タイアップ営業2

社会保険労務士の営業で、タイアップ営業をしている方が多いのは、やはり着実に仕事が入って来る流れを作ることができるからでしょう。前回、社労士のタイアップ営業について、タイアップ先についてお話しましたので、ここでは具体的なタイアップのポイントをお話しましょう。社労士営業 タイアップ営業2まずタイアップの...

≫続きを読む

社労士営業 顧客の目

私が20代のころ、先輩の社会保険労務士の先生から、「社労士は自分を客観的に見ることができなければならない」と教えられました。でないと顧客ができないということです。ここでは、客観視についてお話しましょう。社労士営業 顧客の目よく社労士に対する社長の愚痴を耳にしますが、その中でも「○○だから感じが悪い」...

≫続きを読む

社労士集客 ホームページは作るべきか?

社会保険労務士としてツールを使った集客をしたい場合、DMと並んでポピュラーなのがホームページでの集客です。ここでは、ホームページの集客についてお話します。社労士集客 ホームページは作るべきか?結論から言いますと、ホームページはあった方がいいです。その人に合った営業のやり方がありますので、「ホームペー...

≫続きを読む

社労士営業 ズレを小さくするには

社労士営業の現場で、もっとも気をつけないといけないのは、見込み客との話がズレたまま話を進めることです。ここでは、「ズレ」をテーマにトークの進め方のポイントをお話します。社労士営業 ズレを小さくするには顧客との「ズレ」を考える前に、まず前提として、「立場」というものを理解しておかなければなりません。顧...

≫続きを読む

社労士営業 ズレを小さくするには2

前回に引き続き、ズレを小さくするポイントをお話します。このポイントを知っておかないと、「この人、机上の空論ばかり押しつけてくるな」と思われたり、「こちらのこともわかっていないのに一般論ばかり言いやがって」と思われるので、今からお話しすることをよく聞いてください。社労士営業 ズレを小さくするには2前回...

≫続きを読む

社労士の提案営業

営業というと、「提案営業をしていこう」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。ここでは、社会保険労務士の提案営業についてお話していきます。社労士の提案営業私の個人的な意見ですが、社労士営業で、契約が決まる瞬間というのは、「提案が受け入れられたとき」と言ってもよろしいかと思います。しかし、多くの方...

≫続きを読む

社労士の提案営業2

前回に引き続き、社会保険労務士の提案営業についてお話しましょう。社労士の提案営業2前回、顧客が「それならその提案にのりますよ」と納得するようなものを提案するという話をしました。そのために必要なことは、相手の話をよく聞き、その企業の状況や相手の価値観、相手のやりたいこと、困っていることを把握することが...

≫続きを読む

社労士営業 顧客が社労士に期待すること

社労士に限らず「仕事」を発注する側からすると、期待に応えてくれる人に仕事を頼みたいのは言うまでもありません。ここでは、顧客が社労士に何を期待するかを論じていきましょう。社労士営業 顧客が社労士に期待することシンプルに抽象化すると、次の3つに分けられるかと思います。1、経営を良くするあるいは有利に行う...

≫続きを読む

社労士営業 できるメール、できないメールの違い

メールはその人が出ます。私は、仕事柄、たくさんのメールをやりとりさせていただいていますので、いつも来るメールの「印象の違い」を分析しています。今日は、「できる人と思われるメール」とそうでないメールの違いについてお話しましょう。社労士営業 できるメール、できないメールの違いまず、メールの基本ですが次の...

≫続きを読む

社労士営業 できるメール、できないメールの違い2

前回に引き続き、「できる」と思われるメールのテクニックをお話しましょう。社労士営業 できるメール、できないメールの違い2メールはわかりやすさが命です。そのためには、次のようなテクニックを使うと、いいでしょう。1、箇条書き長文だと読みにくくなるので、箇条書きを随所に使うと読みやすくなります。その場合、...

≫続きを読む

社労士営業 「やってあげる」ではなく「助ける」

社会保険労務士の営業はちょっとした心構えの違いで、受注できたり受注を逃したりします。今回、そのちょっとした心構えの例をシェアさせていただきたいなと思います。社労士営業「やってあげる」ではなく「助ける」今日はストレートにお話します。何か提案をして、そのときは決まらなかったときに、「やってあげる」という...

≫続きを読む

社労士営業 若い社労士の武器

社会保険労務士は、仕事がらご年配の方が有利な仕事だと思われがちですが、決してそんなことはありません。今日は、若い社労士がご年配の方と差別化するために使っている二つの武器をお話します。社労士営業 若い社労士の武器その二つの武器とは、一つは「フットワーク」。手続きや問題が発生したときには、すぐに飛んでい...

≫続きを読む

社労士営業 紹介を生むマインドセット

紹介をテクニック的に捉えている人もいるみたいですが、それは微妙だと思います。今日のトピックは、「紹介」の話です。社労士営業 紹介を生むマインドセット私は、紹介を受けるときにいつも気をつけていることがあります。それは、「紹介者が良くなるようにする」ということです。誤解を恐れず言うと、「紹介者が一番得す...

≫続きを読む

社労士営業 絶妙トークのやり方

経営者を引きつける話し方ができれば、営業でとても強いです。しかし、多くの場合、相手に響かない話し方をしてしまっているので、なかなか興味を示してもらえていないようです。ここでは、「絶妙トーク」のやり方をご紹介しましょう。社労士営業 絶妙トークのやり方まず前提としてあなたがおさえておかないといけないこと...

≫続きを読む

社労士営業 絶妙トークのやり方 その2

経営者を引きつける話し方のコツをお話しています。相手に響く話し方を身につけていきましょう。「絶妙トーク」のやり方その2です。社労士営業 絶妙トークのやり方 その2前回、相手がわかる話をするという話をしました。絶妙トークの2つ目は、「相手が好きな話をする」ということです。初対面やそれに近い場合、「相手...

≫続きを読む

社労士営業 絶妙トークのやり方 その3

今日は、前回の続き、社会保険労務士の営業で役に立つ絶妙トークのその3です。社労士営業 絶妙トークのやり方 その3見込み客との話では、とにかく盛り上がることが重要です。そのためには、もしあなたが口下手で「盛り上がる自信なんてないですよ」という人なら、あいづちを効果的に使うことをお勧めします。テクニック...

≫続きを読む

社労士営業 営業に行き詰ったら

開業してしばらくすると、営業の現実・営業の厳しさを知ることになります。そして、「こんなことやっていてもお客さんができないんじゃあ・・・」と不安になり、足も重くなり行動が止まってしまうこともあるでしょう。ここでは、営業に行き詰ったときの対処法をお話します。社労士営業 営業に行き詰ったら営業に行き詰った...

≫続きを読む

社労士営業 営業の悪循環を善循環に変えるマインドセット

この話は重要です。特に開業前後の社労士、あるいはなかなか営業の成果が上がらない方にとっては、とても大切な内容なので是非お読みください。テーマは、「悪循環を善循環に変えるマインドセット」です。営業の悪循環を善循環に変えるマインドセット今日の話は実にシンプルです。社労士営業の悪循環・・・。それは、最初の...

≫続きを読む

社労士営業 スマホコンサルや社労士塾について

最近、社労士営業について、実にさまざまな教材や塾が出てきています。社労士開業塾、士業スマホコンサル、開業成功マニュアルなど・・・。こういった塾や教材を購入する上での注意点をお話します。社労士営業 スマホコンサルや社労士塾について個人的には、過去にそういうものにことごとく購入や参加してきたことと、「社...

≫続きを読む

社労士営業 顧客獲得でイメージすべきこと

集客というと「お客を集める」という意味ですが、待ちの商売と違って、出ていくことが多い社労士は、集客が苦手な方が多いようです。“お客様を集める”ために大切な営業の考え方をご紹介します。社労士営業 顧客獲得でイメージすべきこと社労士営業で最も有効なのは、「見込み客や紹介者がこちらへ連絡してくれる流れを作...

≫続きを読む

社労士営業 行動が大事って

今日は「行動」の話です。社労士営業 行動が大事って今の時代、「行動」がとても大事になってきています。と言うと、「営業は行動が全てって言うんでしょ。わかってますよ」とか、「それでも闇雲に動いてもムダになるだけだから学んでるんじゃないですか」と思う人がいるかもしれません。行動が大事・・・、このセリフは少...

≫続きを読む

社労士営業 事務所だより、ニューズレターを読んでもらう方法

さて、今日は「事務所だより」や「ニューズレター」を出していらっしゃる方に向けて、役立つ情報をお届けしようと思います。(メールやFAXレターにも応用できますので、そういう方はエッセンスを吸収してみてください)社労士営業 事務所だより、ニューズレターを読んでもらう方法私は、教材内でニューズレターをお勧め...

≫続きを読む

社労士営業 出し惜しみするなって

私は、営業の教材とかで、「まずは出し惜しみなく経営者の役に立ってあげてください」と言っています。でも、これは、「何でも無料でやってあげてください」という意味ではありません。もしそういう意味なら、そう書きます(^^;が、確かに、私の言い方では、このあたりの力加減がわかりにくかったかもしれません。そこで...

≫続きを読む

社労士営業 助成金の売り方 その1

私は助成金については、ある“変わった考え方”を持っています。私が自分で「変わってるな」と思う理由は、他の方の助成金の話や売り方を聞いていると、「自分と結構スタンスが違うな」と感じるからです。このスタンスの違いにより、助成金のお勧めの仕方も普通とは少し違っているような気がします。社労士営業 助成金の売...

≫続きを読む

社労士営業 助成金の売り方 その2

前回、私の助成金のアプローチは、2つパターンがあって一つ目をご紹介したところまでお話しました。今日は、2つ目の助成金提案のパターンです。社労士営業 助成金の売り方 その2「今あなたの会社は○○なので、助成金を使いませんか?」というパターンです。このパターンも、ただ単に「お金をもらいませんか」と言うの...

≫続きを読む

社労士営業 助成金の売り方 その3

前回、前々回と助成金の提案の仕方の話をしていますが、もう一つあったのを思い出しましたのでお話します。社労士営業 助成金の売り方 その3それは、ご褒美的に助成金を提案することです。例えば、私が得意な理美容業界では、最近は増えつつありますが、社会保険に入っているところはまだまだ少ないんですね。このように...

≫続きを読む

社労士営業 自分を覚えてもらう最もシンプルな方法

社会保険労務士は自分が商品です。ということは、自分をできるだけ早く覚えてもらうことで営業が有利に働きます。今日は、覚えてもらえるちょっとしたコツをお話します。社労士営業 自分を覚えてもらう最もシンプルな方法それは、「誰かに会ったら必ず名乗ること」です。と言うとバカにされるかもしれませんね。が、これ、...

≫続きを読む

社労士営業 社労士の価値

社労士営業 社労士の価値今日は独断と偏見で「社労士の価値」についてお話していこうと思います。突然ですが、社楽会で、“最も価値がある教材やサービス”って何だと思いますか?「有料教材に申し込んだことないからわからない」とか、「それは社労士営業大百科でしょ。一番高いんだから」とか、いろいろなご意見がありそ...

≫続きを読む

社労士営業 面談時に持っていくツール

営業のご質問をいただきました。以下にシェアさせていただきます。社労士営業 面談時に持っていくツール・・・・・・・・・・・・・・・・・・飛び込み、DMにしても、お客様のところに行くときに、営業ツールは何を持っていくのが良いでしょうか?その時によって違いますが、一般的に皆さんどの様にしているか教えて戴け...

≫続きを読む

社労士営業 覚えてもらう方法

今日は、「自分を覚えてもらう最もシンプルな方法」です。社労士営業 覚えてもらう方法それは、「誰かに会ったら必ず名乗ること」です。これ、案外やらないんですね〜。例えば、行政。初めて行ったときは、名刺など渡したりして名乗るかと思いますが、2回目以降は、「一度挨拶したから」と名乗らない・・・。または、「代...

≫続きを読む