社会保険労務士の開業情報

社楽会 コーヒーブレイク記事一覧

社労士の勉強法

ここでは、開業、実務、営業の話ばかりではなく、コーヒーブレイクとして社労士事務所を楽しく経営する会代表 穂浪の雑談をお話していきます。社労士の勉強法通常の企業に顧問として入っていくスタイルの場合、社労士は実務だけでなく経営に役に立つ勉強もしていく必要があると思っております。特に、経営全般の基本的なこ...

≫続きを読む

社労士の勉強法2

前回の引き続き勉強法の第2段です。今回は、私穂浪の個人的な勉強法です。なお、今回の話はスマホを持っている人しかできないので、持っていない人はスルーしてください。社労士の勉強法2前回、音声セミナーをお勧めしたわけですが、実は音声セミナーを2〜3倍効率的に学ぶ方法があります。それがスマホのアプリを使った...

≫続きを読む

社労士こそ読むべき本

独立前後の社会保険労務士が読むべき本があります。実務や法律の本以外に、です。無職や主婦やサラリーマンから独立するケースが多いかと思いますが、今回ご紹介する本の観点がないと経営者から嫌われるのです。その本とは? ご紹介します。社労士こそ読むべき本独立前後に読むべき書籍は、「7つの習慣」 スティーブンコ...

≫続きを読む

社労士こそ読むべき本2

前回に引き続き、社会保険労務士が実務以外に読んでおくといいオススメの本をご紹介します。社労士こそ読むべき本2前回の「7つの習慣」がマインドセット編なら、今回ご紹介する書籍は「実践編」と言えるでしょう。それは、「成功の9ステップ」 ジェームススキナー著です。ジェームススキナーは、7つの習慣を日本で広め...

≫続きを読む

社労士実務で“使える”文具

ここでは、私が社会保険労務士の仕事をしていくにあたって、「これはいい!」とうなった文具を紹介していきましょう。社労士実務で“使える”文具は、もう数年前のことになりますが、百均で職員さんが買ってきたコレです↓http://sr.human-tool.com/dl/DSC_0397.JPG何のことはない...

≫続きを読む

社労士実務で“使える”文具2

今回の秀逸文具は、「シャーペンの2B以上の芯」です。そう、今日の主役は「芯」です。決して冗談ではありません。なぜ「芯」なのか? それは、小学校6年生のときのことでした。社労士実務で“使える”文具2近所に小さな小さな文房具屋がありました。私の同級生の友達が、その文房具屋に行って、いつも使っている4Bの...

≫続きを読む

社労士実務で“使える”文具3

私の事務所は、かなり狭いです。正確にはよくわかってませんが、多分8畳くらいしかないと思います。私が入居した8年くらい前と比べて、今現在は、結構家賃が下がっているようなので、「きっと、同じくらいの家賃でもっと広いところあるんだろうな〜」と思いつつも、引っ越すことによるデメリットを考えると、とても引っ越...

≫続きを読む

社労士実務で“使える”文具4

社労士実務で“使える”文具4今回の「穂浪がうなった文具たち」でご紹介する文具は、「50ミリ2穴パイプファイル」です↓↓↓http://srs.human-tool.com/photo/DSC_0398.JPGhttp://srs.human-tool.com/photo/DSC_0399.JPGこん...

≫続きを読む

社労士実務で“使える”文具5

社労士実務で“使える”文具5今日の主役は、お二方います。50枚パンチくんと70枚ホチキスさんです。写真は次のとおりです↓http://srs.human-tool.com/photo/DSC_0441.JPGhttp://srs.human-tool.com/photo/DSC_0440.JPGそれ...

≫続きを読む

社労士実務で“使える”テク

社労士実務で“使える”テク今日は、私が多用しているパソコンのテクニックをご紹介しましょう。それは、「 ctrlキー + V 」です。はい、俗に言う「ショートカットキー」です。で、このキーを同時に押すと、「貼り付け」ができます。「いやいや穂浪さん。貼り付けなんて、マウスでいいじゃないですか!」フフフ。...

≫続きを読む

社労士は自由業か?

社会保険労務士として独立開業した(い)人の中には、人に使われるのではなく、時間ややり方の「自由がほしい」と思っている人もいることでしょう。実際のところはどうなのでしょうか?実際に開業している社労士が思うところをお話します。社労士は自由業か?個人的な意見ですが、それは、「スタンスややり方次第」と言える...

≫続きを読む

社労士が身につけるべきスキル

個人的に私が社労士を取ってから見につけたスキルで、とても仕事に役だっているスキルがあります。また、それは、多くの社会保険労務士の先生方にお勧めしているスキルでもあります。それは、「傾聴スキル」です。ここでは、傾聴がなぜ身につけるべきスキルなのかをお話していきましょう。社労士が身につけるべきスキル「傾...

≫続きを読む

社労士の立ち位置 その1

社会保険労務士という仕事は、行政、企業、労働者の間に立つ仕事だと言えます。この微妙な立ち位置の捉え方によっては、仕事がやりにくくなることもありますので、ここでは個人的な見解ではありますが、参考までにお話させていただきます。社労士の立ち位置 その1社労士の立ち位置については、まず次のことを理解しておく...

≫続きを読む

社労士の立ち位置 その2

前回、社会保険労務士は、企業、行政、労働者の三者に囲まれた立ち位置にいるという話をしました。今回は、それを踏まえてどのような立ち位置を取ればよいのかの一つの参考例をあげたいなと思います。社労士の立ち位置 その2社会保険労務士の立ち位置を考える際、次の問いかけが重要になってくるかと思います。それは、「...

≫続きを読む

社会保険労務士と趣味

社会保険労務士も息抜きが大切だと思います。息抜きと言えば、「趣味」でしょう。趣味や遊びを通じて人間としての幅が出てきますので、決してバカにできません。ここでは趣味についてお話します。社会保険労務士と趣味社会保険労務士も人間ですので、仕事ばかりでなく、趣味を通じてたくさんの人と交流をしたり、リフレッシ...

≫続きを読む

社会保険労務士とボランティア

いろいろな意見があると思いますが、私は社会保険労務士はサービス業だと思っています。私が開業したてのまったく顧客がいないころ、大先輩の社会保険労務士の先生から、「穂浪くん、社会保険労務士は人のお世話をする仕事だから、ボランティアを進んでできる人じゃないと成功しないんだよ」と教えてもらいました。今では、...

≫続きを読む

社会保険労務士の休日

独立開業して社労士事務所を経営すると、サラリーマンと違い時間が自由になるイメージがありますので、メリハリがついた休日の過ごし方ができるように思えますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは、社会保険労務士の休日についてお話します。なお、コーヒーブレイクということで話半分で聞いてください。社会保険労務士...

≫続きを読む

社会保険労務士の仕事

自分の顧客とお付き合いをしていくうちに、しばしば「仕事」というものについて考えさせられます。ここでは、穂浪が考える社会保険労務士の仕事について、他の業種との違いなどからお話します。社会保険労務士の仕事社会保険労務士の仕事は、他の仕事と違って単純に「○○をしている」とは言いにくい仕事だと思います。例え...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その1

絶望的に営業能力がなかった穂浪が、開業当初、どのように過ごしていたのかを垣間見ていただけたらと思います。できるだけリアルにありのままを書いていこうと思いますので、そこから何かしらのヒントが伝われば幸いです。社労士開業当初の話 その1私が開業したのは、2000年ミレニアムの9月です。それまで4年間の社...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その2

私の開業当初の話の続きです。社労士開業当初の話 その2開業当初、半年間まったく収入がなかった私。と、たまたま偶然「時短の奨励金」の駆け込み需要が発生し、5件の助成金手続きの仕事が入りました。5件のうち、1件は先輩社労士の先生が「遠方なので穂浪くん行く?」ということで、喜んでお引き受けをし、無事助成金...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その3

穂浪の開業当初の話のその3です。社労士開業当初の話 その3時短奨励金で何とかまとまったお金を確保したものの、相変わらず顧問はありませんでした。と言っても、その間、遊んでいたわけではありません。簡単に私がやったことを箇条書きにしてみましょう。1、マーケティングの本を買いあさり、研究に研究を重ね、ダイレ...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その4

前回お話した私が開業当初にやった9つのことを一つ一つより詳しくお話していきましょう。社労士開業当初の話 その41、マーケティングの本を買いあさり、研究に研究を重ね、ダイレクトメールに挑戦した。ダイレクトメールについては、もっとも研究した分野で、今ではその研究成果をこういった教材という形でお話できるく...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その5 ダイレクトメール1

前回に引き続き、私が開業当初にやったダイレクトメールについてお話していきましょう。社労士開業当初の話 その5 ダイレクトメール11、マーケティングの本を買いあさり、研究に研究を重ね、ダイレクトメールに挑戦した。まず最初にやったのは、経費節減のFAXDMでした。神田昌典氏の著書を熟読し、A4で1枚のF...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その6 ダイレクトメール2

またまた前回に引き続き、私が開業当初にやったダイレクトメールについてお話していきましょう。社労士開業当初の話 その6 ダイレクトメール21、マーケティングの本を買いあさり、研究に研究を重ね、ダイレクトメールに挑戦した。次にやったのは、封書のDMのうち、「長文DM」です。社会保険・労働保険の手続きを外...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その7 ダイレクトメール3

私が開業当初にやったダイレクトメールの3段目です。社労士開業当初の話 その7 ダイレクトメール31、マーケティングの本を買いあさり、研究に研究を重ね、ダイレクトメールに挑戦した。次にやったのは、封書のDMのうち、「萬相談DM」です。社会保険・労働保険・労使トラブル等について列挙した、「お困りのことは...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その8 ダイレクトメール4

「お困りのことはございませんか」というDMを出したところにフォローの訪問をしていた私。訪問先で、コワモテの社長が出てきた話の続きです。社労士開業当初の話 その8 ダイレクトメール41、マーケティングの本を買いあさり、研究に研究を重ね、ダイレクトメールに挑戦した。「こんにちは、社会保険労務士の穂浪と申...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その9 ダイレクトメール5

一時、ダイレクトメールでの営業を中止していたのですが、ターゲットを小売業サービス業に絞ってから、今度はハガキDMに挑戦しました。今回は、ハガキDMの話をしていきましょう。社労士開業当初の話 その9 ダイレクトメール51、マーケティングの本を買いあさり、研究に研究を重ね、ダイレクトメールに挑戦した。ハ...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その10 飛び込み営業1

前回まで開業当初に行っていた営業活動のうち、ダイレクトメールの話をしてきましたが、次にやったこととして、2、私が開業した地域で飛び込み訪問を実施した。ということで、飛び込みの話をしていきましょう。社労士開業当初の話 その10 飛び込み営業1ダイレクトメールをやっていた時期に重なって、飛び込みもしまし...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その11 飛び込み営業2

前回に引き続き、2、私が開業した地域で飛び込み訪問を実施した。ということで、飛び込みの話をしていきます。社労士開業当初の話 その11 飛び込み営業2元来口下手、人見知り、営業未経験であった私は、社労士開業本で、「飛び込みができないとダメだ」というのを真に受けて、飛び込みをすることにしたわけですが、1...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その12 飛び込み営業3

前回に引き続き、2、私が開業した地域で飛び込み訪問を実施した。ということで、飛び込みの話の続きです。社労士開業当初の話 その12 飛び込み営業3とある建設会社に飛び込んだとき、たまたま社長に会うことができました。「チャンスだ」そう思った私は、書籍で勉強した覚えたてのセールストークを並べたてたのでした...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その13 飛び込み営業4

初回面談であっけなく撃沈したわけですが、建設会社の迫力ある社長に響くような話ができなかった自分に危機感が募りました。と言っても、営業は続けないといけません。それでは、その後の飛び込み営業活動を見ていきましょう。社労士開業当初の話 その13 飛び込み営業4「営業は断られることから始まる」何かの営業本の...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その14 飛び込み営業5

初回の面談で完全に失敗した私。その後、飛び込みを続けていくと再びチャンス到来。ある製品の企画販売をしている会社の取締役をしている奥さんとの面談についてお話しましょう。社労士開業当初の話 その14 飛び込み営業5その会社は、社長がご主人、取締役が奥さんということで、従業員4〜5人の家族経営と言ってよい...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その15 飛び込み営業6

飛び込みをはじめて2回目の面談も棒にふるってしまった私。その絶望的な営業力のなさにうちのめされながら、何とか飛び込みを続けていました。今日は2回目の面談の玉砕後の話です。社労士開業当初の話 その15 飛び込み営業6「営業は断られたときから始まる」私が思うに、この言葉は真理ではあるのですが、人間、でき...

≫続きを読む

社労士開業当初の話 その16 飛び込み営業7

飛び込み先で、私の話をよく聞いてくれた社長。「世の中捨てたもんじゃないな」そう感謝しながら、次の営業先に向かったのでした。社労士開業当初の話 その16 飛び込み営業7飛び込みには慣れていったものの、相変わらず顧問はゼロを更新していました。はじめはビクビクしていたのですが、普通の会社事務所のようなとこ...

≫続きを読む

外化のススメ

今日は、今回の一連のやりとりで思うところがありましたので、一つ提案をさせていただきたいなと思います。それは、「外化のススメ」です。外化のススメ今日お話する「外化」をうまく活用すると、着実に成果が変わっていきます。また、脳が書き変わっていくので、自然と成果が上がって来るようになります。ここで言う外化と...

≫続きを読む

社労士の実験 なぜ教材を売るのか?

昨日、嫌な仕事が終わりました。本を3冊買ってあったので、嫌な仕事が終わって自分へのご褒美ということで読んでいます。私はなぜか忙しくなると、アマゾンで本を買い込む癖があります。半分、現実逃避の心理が働くんでしょうね・・・(苦笑)そして、忙しい中お昼を食べながらとか少しずつ読んで、忙しいのが終わったらご...

≫続きを読む

社労士 顧客の囲い込みについて

社労士 顧客の囲い込みについて最近思うことがあります。それは顧客の「囲い込み」について。私はこの言葉が嫌いです。なんか「人」にフォーカスしていない気がするんです。で、最近、ある企業の方が、社労士さんを変えたいのだけど変えられないと嘆いていました。何でもその先生は特別なソフトを使っており、それがその企...

≫続きを読む

事務代行者、社労士が一番お世話になる文具

社会保険労務士は、仕事の9割が「事務代行」です。そんな社労士が最もお世話になる文具が、今日のコーヒーブレイクのトピックです。事務代行者、社労士が一番お世話になる文具昨日たまたま社労士がもっとも使う“あの文具”について調べていたところ、「おっ!? これ、おもろいやん」と思ったサイトを見つけましたので、...

≫続きを読む

商売観

興味深いことに、新しい教材をメールで紹介すると、2、3人の方からメール解除の申請をいただきます。もちろん、すぐにお詫びのメールと解除をさせていただくのですが、解除されるということは、やっぱり、何かを売ろうとするのって感じ悪く取られるのでしょうか?まあ、私のメールが役に立たなかったから解除されたのだと...

≫続きを読む