社会保険労務士の開業情報

社会保険労務士 実務のポイント記事一覧

社労士としての実務能力は必要か?

新人社労士の先生の営業の相談にのると、よく言われることがあります。「実務経験がないので、知らないこと聞かれたら、と思うと怖くなるんですよ」あなたはいかがですか?ここでは、そのような不安がある方向けに実務のポイントや実務能力の磨き方をお話していきます。その前に、前段階として、「実務能力の必要性」につい...

≫続きを読む

社労士としての実務能力を磨く方法

前回、実務能力について、顧客の「経営が良くなる」「問題が解決する」「便利になる」ために実務ができるようになることが大切という話をしました。ここでは、“そのために”どのように実務能力を磨いていったらよいか、お話します。社労士としての実務能力を磨く方法実務能力を磨く方法は、実務をやるのが一番の近道です。...

≫続きを読む

社労士実務の内容

これから実務能力を磨くための方法についてお話します。と、その前に実務能力を次のように定義付けしておきましょう。社労士実務の内容社労士実務は、大きく分類すると、つぎのように分かれるかと思います。1、手続き能力2、労働条件設定能力3、給与計算能力4、問題解決能力(提案力)5、サービス能力まずあなたに確認...

≫続きを読む

社労士実務 手続きの勉強法

ここでは、実務能力を磨くための方法を一つ一つ見ていきましょう。まずは、社労士にとって、もっともベーシックな能力である手続きの勉強法についてお話しましょう。特に通常の顧問契約の場合、手続きができないと話になりませんので、手続きをしたことがない方は、特によくお読みください。1、手続き能力社労士の方なら、...

≫続きを読む

社労士実務 労働条件設定・就業規則作成能力

前回に引き続き実務能力を磨くための方法の2番目です。2、労働条件設定・就業規則作成能力これは、主に就業規則や雇用契約の内容を企業と相談しながら決めていく能力です。こちらもたくさんの書籍やセミナーがありますが、まずは、労働条件(特に労働時間と賃金)についての書籍と、就業規則の書籍を購入します。ただし、...

≫続きを読む

社労士実務 給与計算能力

前回に引き続き実務能力を磨くための方法の3番目です。3、給与計算能力社会保険労務士事務所でやる仕事として、給与計算をサービスの範囲に入れるかは、人それぞれだと思いますが、給与計算ができるくらいの能力は必要です。しかし、実際に給与計算をやる機会はめったにないですので、通常細かいところまではわからないと...

≫続きを読む

社労士実務 問題解決能力・相談能力

実務能力を磨くための方法の4番目です。4、問題解決能力・相談能力問題解決能力・相談能力は、これからの時代、ますます求められる能力です。実際に問題を解決するには、法律知識はもちろん、経営や人間のさまざまな要素を加味して多角的に考えてあげる必要があります。多くの場合、複数の要素がからまりあって「問題」と...

≫続きを読む

社労士実務 サービス力

社労士実務にとって大切な能力の5番目です。5、サービス能力社労士業は、やっていくうちにわかっていくかと思いますが、れっきとしたサービス業です。素人であるお客様に、難しい法律をわかりやすく解説したり、プロならではのかゆいところに手が届くサービスをしたり、ということでお金をもらう仕事です。つまり、「相手...

≫続きを読む

社労士実務 社労士事務所での修行 面接編

社会保険労務士としての実務経験がない場合、「社労士事務所で修行できたらな」と思う人も多いかと思います。これから、2回にかけて、「運よく求人中の事務所があり、修行できる場合」と、「求人がなかったり不採用だったりでできない場合」ということで、「修行」についてお話します。社労士事務所での修行 面接編求人を...

≫続きを読む

社労士実務 社労士事務所での修行 採用後

採用後こそあなたのふるまいはとても大切になってきます。というのも、お金をもらいながら修行させてもらうわけですから、きちんと社労士事務所に貢献をしないといけません。ここでは、採用後の貢献の仕方についてお話しましょう。社労士事務所での修行 採用後前回も言いましたが、社労士は仕事を覚えるまでに思ったよりも...

≫続きを読む

社労士実務 顧客への提案

社会保険労務士の実務は、単に顧客から依頼からされる仕事をこなしていればいいというものではありません。顧客へ提案ができないと、「あの先生、何にも提案してくれない」と不満に思われ、他の提案ができる社労士に代わられてしまいます。顧客への提案「どのようなことを顧客に提案するか」は、まだケーススタディの数を持...

≫続きを読む

社労士実務 賃金台帳、出勤簿等について

社会保険労務士の実務では、賃金台帳、出勤簿、タイムカード等を熟知していないといけませんが、もちろん、最初は慣れていないのでよくわかりません。そこで、ここではそれらの書類に接するときの注意点を申しあげたいなと思います。社労士実務 賃金台帳、出勤簿等についてまず最初に注意すべきは、企業の担当者や各労働者...

≫続きを読む

社労士実務 労使トラブルへの対応

社会保険労務士の実務において、労使トラブルの迅速な解決は、腕の見せ所です。ここでは、労使トラブル解決のポイントを解説します。社労士実務 労使トラブルへの対応労使トラブルについて、事業主や担当者から相談を受けたら、具体的な状況や経緯を5W1Hで詳しく聞いていきます。この際、気をつけるべきは、「事実」と...

≫続きを読む

社労士実務 レアケースへの対応

よく起こる仕事はだいたいわかっているので、不安はないかと思いますが、レアケースが起こるとどうしていいかわからず不安になるかと思います。ここでは、レアケースの対応の仕方を見ていきましょう。レアケースへの対応レアケースにあたった場合、自分のリソースをフルに使ってどのように対処するかを決定しないといけませ...

≫続きを読む

社労士実務 行政へ出す書類の意味

社会保険労務士という仕事は、とてもたくさんの書類と関わる仕事です。どの書類にも共通して言えることは、書類には意味があり、行政や法律が求めることを的確に書かなければなりません。ここでは、書類の意味についてお話しましょう。行政への提出書類の意味まず意識していただきたいのは、行政は意味があって書類を作って...

≫続きを読む

社労士実務 マニュアルの必要性

社会保険労務士という仕事は、細かいことがたくさんあって、なかなか大変な仕事です。ここでは、実務マニュアルは必要かということをテーマにお話していきます。社労士実務 マニュアルの必要性私は個人的に「実務のマニュアル」を作ることをお勧めしています。というのも、全て覚えておくことができたらいいのですが、細か...

≫続きを読む

社労士実務 社労士ソフトは必要か?

よく開業前後の方から、「社労士ソフトは必要ですか?」と聞かれます。私はいつも「必要ありません」とお答えしております。ここでは社労士ソフトについてお話しましょう。社労士実務 社労士ソフトは必要か?開業後、なぜ社労士ソフトが必要ないかというと、まずは手書きや実際の書類を前にうんうん唸りながらその手続きや...

≫続きを読む

社労士実務 必須のパソコンスキル

この時代、社会保険労務士の実務では、パソコンは必需品であると言えます。ここでは、パソコンについて、いったいどの程度までマスターしておけばよいかをお話します。社労士実務 必須のパソコンスキル私が個人的に思うパソコンの必須スキルをお話しますので、ご参考になれば幸いです。1、ブラインドタッチ社会保険労務士...

≫続きを読む

社労士実務 書類作成のコツ

社会保険労務士という仕事は、書類作成がきちんとできないと、信用を失ったり、二度手間で効率が悪くなったりし、事務所運営に支障をきたす恐れがあります。ここでは、書類作成のコツをお話しましょう。社労士実務 書類作成のコツ1、意味を考えて書くよく、初めての書類でも、すぐに書類を埋めようとする人があります。し...

≫続きを読む

社労士実務 実務経験がない方へ

「実務経験がないから、顧客に何か聞かれたら不安なんですよ」そうおっしゃる方は結構多いですが、個人的な意見としては、「一刻も早く顧客を取って、実務をやってください」と言いたいのですが、そうなると、「だから、自信がないから顧客が取れないんじゃないですか」と「卵が先か鶏が先か」の議論になってしまうので、ち...

≫続きを読む

社労士実務 正確な書類を作成するコツ

社会保険労務士の仕事の中でも、労働・社会保険関係の書類の提出代行は、とてもベーシックな業務の一つですが、間違えると労働者の大切な権利が損なわれる可能性がありますので、責任重大です。ここでは、正確な書類を作成するコツを伝授しましょう。社労士実務 正確な書類を作成するコツ1、一度で正確に書く。よくとりあ...

≫続きを読む

社労士実務 正確な書類を作成するコツ2

前回に引き続き、正確な書類を作成するコツを申しあげます。社労士実務 正確な書類を作成するコツ22、参照元の信憑性を疑う書類を作成する際、必ず客観的な資料を元に作成することになるはずですが、そういった資料は、基本的に100%信じてはいけません。例えば、履歴書、賃金台帳、出勤簿、年金手帳、雇用保険被保険...

≫続きを読む

社労士実務 正確な書類を作成するコツ3

前2回に引き続き、正確な書類を作成するコツを申しあげます。社労士実務 正確な書類を作成するコツ33、意図を見抜く私は、いろいろな教材で「意図」を見抜くことの重要性を口をすっぱくして言っておりますが、全ての書類は「人」が作ったものですので、必ずそこに意図があります。まず行政の意図。書類は行政が意図を持...

≫続きを読む

社労士実務 正確な書類を作成するコツ4

前3回に引き続き、正確な書類を作成するコツをお伝えします。社労士実務 正確な書類を作成するコツ44、慣れていない書類は下書きをする書類は大切なものです。書類を作成するのが仕事ですので、できるだけ間違いないよう細心の注意を払って書くわけですが、やはり書いたことがない書類の場合は間違える確率がグンと高く...

≫続きを読む

社労士実務 正確な書類を作成するコツ5

前4回に引き続き、正確な書類を作成するコツの最終回です。社労士実務 正確な書類を作成するコツ56、見直しは多角的に2回する書類ができたら、見直しを2回以上します。「多角的に」というのは、どういうことかと言うと、「思い込みで見直ししない」ということです。思い込みで見直しをすると、見直しの意味がありませ...

≫続きを読む

社労士実務 助成金・奨励金の提案

助成金は、お金がもらえるという性質から、提案事項として営業に使う人が多いですが、最近では額が多い助成金が減ったことから、「助成金の時代は終わった」とおっしゃる人も増えているようです。が、個人的には「助成金の時代」とかうんぬんではなく、助成金を活用することも含めて、トータルで「社労士に頼んで良かった」...

≫続きを読む

社労士実務 持つべき習慣

社労士実務は、やはり「正確さ」が命となります。働く人の「権利」に関わる仕事ですから、できるだけ正確に事務処理をしなければなりません。その正確さを左右する仕事を進める上でのポイントについてお話しましょう。社労士実務 持つべき習慣社労士実務をするにあたって、次の3つの習慣を持つと、あなたの事務所の正確性...

≫続きを読む

社労士実務をネットで調べるときの注意点

実務でわからないことが出てきたときに、ネットを使って調べる人はとても多いかと思います。ここでは、ネットで実務を調べるときの注意点をお話します。社労士実務をネットで調べるときの注意点まずネットで実務を調べるときは、検索エンジンを使うことになろうかと思います。検索エンジンというものは、情報の良し悪しや正...

≫続きを読む

社労士受験と実務

「社会保険労務士試験で勉強した知識と実務は違うんだよ」そういう意見をときどき聞きますが、私はそう思っていません。というのも、受験で学んだ法律知識を実務とリンクして理解すると、あらゆるものがクリアに見え、理解のスピードが上がるからです。ここでは、受験で学んだ知識と実務の関係についてお話しましょう。社労...

≫続きを読む

社労士実務 高卒求人

高卒求人の実務については、一般の求人と勝手が違うので、ここで解説します。社労士実務 高卒求人6月は、「高卒求人」を準備する時期です。やったことがない人もいるかもしれないので、ざっと流れを言いましょう。本年(平成26年3月卒業者対象)は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月20日〜 ...

≫続きを読む

社労士実務 療養費の添付書類

今日は開業して13年が経とうとしている穂浪が「そんなんできるなんて知らなかった・・・」という話をしますね。社労士実務 療養費の添付書類今日、健康保険の療養費の申請を依頼されている顧問先の社員さんから電話がありました。その方は、ヘルニアで「治療用装具」を装着したため、療養費を申請するに至った方です。今...

≫続きを読む

社労士実務 海外療養費

今日は、健康保険の海外療養費の話です。社労士実務 海外療養費従業員さんが海外出張中に熱が出て、とある国の病院にかかりました。現地で6万円(熱だけで!)払ったということで、これは保険でなんとかならないかと電話があったのです。この場合、海外療養費を請求できるわけですが、手続きがちょっと心配です。というの...

≫続きを読む

社労士実務 パートの健康診断は?

常時使用する労働者には、雇い入れ時や定期健康診断などの健康診断を安全衛生法で実施を義務付けられていますが、「常時使用するってどういうことやねん」と思われる方もいると思います。この問いに対する行政の回答によると以下の解釈になるようです。パート労働者等の短時間労働者が「常時使用する労働者」に該当するか否...

≫続きを読む

社労士実務 お客様向け書類作成のコツ

社労士も客商売ですので、顧客の役に立たないと意味がありません。当然、お客様向けに、書類を作成しないといけない場面もたくさんあります。ここでは、そのコツをお話しましょう。社労士実務 お客様向け書類作成のコツ社労士の仕事は、お客様や従業員向けに説明文書や手紙を書く機会が多いです。当然、お客様にとって、「...

≫続きを読む

社労士実務 労災と腰痛

労災と腰痛の関係は、多くの方が悩むところです。というのも、腰痛は、仕事が原因でなったのか、持病やプライベートでなったのか区別がつかないからです。ここでは、私が経験上ではありますが、腰痛で労災となる場合と労災が使えない場合について、一つの目安をお話しましょう。社労士実務 労災と腰痛まず、ポイントは元々...

≫続きを読む

社労士実務 資格喪失後の傷病手当金と出産手当金

つい最近あった事例から、健康保険の「資格喪失後の給付」についてシェアさせていただきます。社労士実務 資格喪失後の傷病手当金と出産手当金一つは傷病手当金。1年以上の要件はいいとして、「現に手当金を受けているか受ける要件を満たしている場合」という要件。これはちょっと注意が必要です。というのも、「退職日に...

≫続きを読む

社労士実務 求人の効果的な記載法

先日、お客様から「最近求人の反応が全然ないんですよ」と相談されました。こういった相談を受けると、私はハローワークの求人を次のように見直すことで改善を試みます。その具体的な改善法を3つほどお話しましょう。社労士実務 求人の効果的な記載法1、基本給と定額的に払われる手当が重要給与で大きく載るのは「基本給...

≫続きを読む

社労士実務 社会保険の任意適用

今日は任意適用の話をしたいなと思います。社労士実務 社会保険の任意適用個人で強制適用事業でない事業は、任意適用です。行政では「任適」(にんてき)と略して呼んでいるようです。ご存知のとおり、任適は「認可」を受けないといけないのですが、審査が少し厳しめです。管轄によるかもしれませんが、今(この原稿を書い...

≫続きを読む

社労士実務 疥癬と労災保険

今日は介護事業で多い疥癬と労災保険の関係の話です。社労士実務 疥癬と労災保険疥癬(かいせん)という病気をご存知でしょうか?イクラとかウニとか刺身とかではありません。私、そういった海鮮は大好きですが、字が違います。小さなダニ(ヒゼンダニ)による痒みをともなう病気です。人から人へうつります。私も数年前ま...

≫続きを読む

社労士実務 雇用保険業務取扱要領

レアケースへの対応は、やはり行政の取扱いがわかった方が有利です。今日は、「雇用保険の業務取扱要領」のご紹介です。社労士実務 雇用保険業務取扱要領雇用保険では、いろいろな被保険者があり、適用や給付が複雑なため、わからないことが多いという人もいるのではないでしょうか?例を上げると、・適用関係・一般被保険...

≫続きを読む