社会保険労務士の開業情報

社労士開業に必要なもの

「これから開業しようと思うのですが、開業時に必要なものって
何ですか?」

 

 

社会保険労務士で開業したいと思っている方から、
よく聞かれる質問ですが、基本的に開業する際必要なものは、次の
3つに分けて考える必要があります。

 

1つは、絶対に必要なもの。
2つ目は絶対に必要ではないが、ないと不都合が生じるもの。
3つ目は、あったら便利なもの。

 

それぞれ説明しましょう。

 

 

開業に絶対に必要なもの

 

お金をかける優先順位のうち、最も優先すべきなのが、
「絶対に必要なもの」であるのは言うまでもないのですが、
当然初めて社労士として開業するときには、「そもそも絶対に
必要なものって何?」ってことはわからないですよね?

 

そこで、ご参考までに私が「これらは社会保険労務士という仕事では、
最初に必ず要る」ものだと思うものについてお話します。

 

 

1、提出代行印

 

所定の大きさがあるので、社労士会に確認したり、
ネットで調べたりして作成します。

 

ちなみに、会や団体によっては、日本法令の回転式の日付がついた
代行印を割安で頼める場合もあるようです。

 

そちらも所属社労士会や団体で検討の余地があるでしょう。

 

ちなみに、私はその日本法令の代行印を愛用しておりますが、
ついには日付がなくなってしまい、日付部分だけ改造して使っております。

 

 

2、17条附記、賃金台帳、出勤簿、労働者名簿のゴム印

 

17条附記についても大きさが決まっているので代行印と同様です。

 

あと、賃金台帳、出勤簿、労働者名簿のゴム印は、17条附記に収まる
大きさで作成します。

 

当然、朱肉や黒のスタンプ台も必要です。

 

 

3、名刺

 

名刺については、どういう名刺を作るべきかは、
多くの人が興味あるかと思います。

 

パソコンの手作り名刺よりはプロが作った名刺の方がいいですし、
内容を工夫するのもいいでしょう。

 

営業ツールとして考えると、かなり使えますので、また別の機会に
お話したいなと思いますが、とにかく名刺は必要です。

 

なお、最初は1種類でもいいですが、顧客用と行政用とに個性的な名刺と
無難な名刺ということで2種類作っておくのがいいと思います。

 

 

4、電話とFAX

 

電話は言うまでもありませんが、FAXも必要です。

 

社会保険労務士という仕事は、顧客や行政と実にFAXでやりとり
することが多い仕事です。

 

できたらA3サイズが出せる普通紙用のものが望ましいですが、A4でも
感熱紙でも、今あるものを使ってもいいと思います。

 

が、感熱紙は、時間の経過とともに劣化し、見えなくなってしまうので、
「保存」ができないことを申し添えます。やはり、普通紙FAXがいいと思います。

 

 

5、ビジネスバッグ

 

A4書類がラクラク入るもので、センスが悪くないものを選びましょう。

 

あと、業務書籍など、結構かさばる書類を入れる機会も多いので、
容量が大きめのものがおすすめです。

 

 

6、電卓

 

社労士業では、とても使う機会が多いツールですので、事務で使うのは、
小さなものよりも大き目のものがよいでしょう。

 

 

7、封筒(長3、角2)

 

封筒は2サイズ用意します。最初はホームセンターでもいいので、
100枚まとめ買いをしておきましょう。1000円でお釣りがくるかと思います。

 

資料も含めて、封筒に入れて渡す習慣は、あなたのビジネスの気遣い度を
相手に伝えます。

 

もちろん、できたら印刷したものがいいですが、長3サイズならプリンタでも
印刷できますので、
最初からお金をかける必要もありません。

 

 

もちろん、以上の他に、文具や机やあなたの印鑑が必要なのは
言うまでもありませんが、当たり前すぎるものは省略しております。

 

今回、社会保険労務士で独立開業するにあたって、必要なものを
見てきましたが、次回は、
「必要というわけではないが、ないと不都合が生じるもの」
をお届けします。

 

 

==============================
無料で公開! 7つの社労士営業ノウハウはコチラ↓↓↓
==============================

 

社労士開業に必要なもの関連ページ

社労士開業で成功する心構えについて
社労士開業で成功するためのマインドについてお話します。
社労士の独立開業の時期
「いつ社会保険労務士として独立開業したら良いでしょう?」よく聞かれる質問なのですが、こればっかりは、その人の覚悟、境遇、能力等を勘案しないと何とも言えません。
社労士の適性と価値観
私は開業をする際に、自分の「適性と価値観」を見極めることが重要だと思っています。「でも、穂浪さん。適性なんてやってみなければわからないじゃないですか?」
社労士のビジネスモデル
世の中には、たくさんの社労士さんがいます。そして、その商売のスタイルもいろいろです。完全な手続き屋さんから、高額コンサル。マジメな代書屋さんから、いつも夜の街で盛り上がっている方まで・・・
社労士開業にあたり今すぐはじめること
「来年○月に独立開業する予定なんですけど、 何を勉強すればよいですか?」結構多くの方にこの質問を受けるのですが、私の答えは決まっています。
社労士試験に合格したらすべきこと
合格発表の日、あなたが合格していたら、それからいったい何をすべきか、ことということで、あなたが開業をするという前提でお話したいなと思います。
社労士開業時になければ不都合なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時に あったら便利なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業にあたり事務所は必要か
社会保険労務士の開業のヒント集。
開業社労士の仕事の実際
社会保険労務士として開業したら、いったいどんなことをして、どんな毎日が待っているのでしょうか?ここでは、社労士として開業して12年になる私が、自分や他の社労士の方の「仕事の内容のほんとのところ」について、お話していきます。
社労士事務所経営のウエイト付け
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は経営者マインドを持て
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業における行政との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士のダブルライセンスの必要性
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士独立開業時に借入はするべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業界の常識について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業以外の収入源
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は白色申告か青色申告か
まず白色申告と青色申告の違いですが、わかりやすいように簡単に言うと、帳簿をきちんとつけるなら青色申告でやると税金が安くなりますよ、ということです。
社労士として独立する年齢は?
社会保険労務士の開業のヒント集。
元主婦の社労士独立開業について
社会保険労務士の開業のヒント集。
男性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
女性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業後、軌道に乗るまでの時間
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士以外の他士業との関係
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士の同業者との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士報酬をもらう際の源泉所得税と消費税
社会保険労務士が報酬を受け取る際、 個人の場合(社会保険労務士法人の場合源泉はありません)、 報酬額の10.21%を源泉所得税として源泉します。
社労士の事務処理能力
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士の自己啓発
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士が従業員を雇う時期について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の将来性
社会保険労務士の開業のヒント集。
特定社会保険労務士は取るべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士と人脈
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の一日
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士 講師の仕事
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業本、開業ノウハウについて
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士 開業 商工会議所、商工会について3
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士事務所と個人情報保護
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時のゴム印
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その3
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 社労士が身につけるべき能力 「見抜く」
社労士は、「人」という テーマを扱い、経営者から相談を受ける立場にあると言えます ので、人や物事の本質やしくみを見抜く能力を身につけていく 必要があると思っております。
新規客 VS 既存客
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 社労士事務所のコンセプト
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 事務所の看板
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 テナント事務所VSマンション事務所
社会保険労務士の開業のヒント集。