社会保険労務士の開業情報

社労士開業 社労士事務所のコンセプト

先日、ビジネス仲間である友人と久しぶりに食事に行きました。

 

そこからの気づきをシェアしたいなと思います。

 

 

社労士開業 社労士事務所のコンセプト

 

彼は、ある食料品を販売する事業をやっていて、

 

「今まで店舗なしで営業していたけど、これから新しくお店を出すことにしたので意見がほしい」

 

ということで、話は相談に入っていきました。

 

 

私はこの手の相談のときには、シンプルに次の2つの要素を知るための質問をします。

 

 

「誰に何をもたらすお店を作ろうとしているのか?」

 

 

つまり、私流に言うと、

 

「どのような人にどう役に立つか」

 

です。

 

 

これが私が考える商売をする上で、まず考えるべきファーストステップとなる質問です。

 

 

が、このあたりを明確に言える人は案外少ない・・・。

 

彼もそうでした。

 

 

「誰に」の部分は、まったく考えていなかったし、「何をもたらすお店か」は、「売りたい商品を売る」ということしか出てきませんでした。

 

 

この状態は「物にだけフォーカスしている状態」と言えます。

 

 

今の時代、「商売のコンセプトや目的」はとても大事だと思うのですが、ついついそのあたりを漠然としたままで始めてしまう・・・。

 

まあ、それが悪いとは言いませんが、よほどの営業力や人間力がないと厳しいでしょう。

 

 

と言っても私自身、開業した当初はそんなこと考えてもいなかったので、偉そうなことは言えません。

 

 

やはり、顧客ができはじめたのは、そのあたりを明確にしてからだったので、まずはそこが聞きたいのです。

 

 

で、商売のコンセプトや目的は、自分もしっくりくるし、相手にも響くものであることが大切です。

 

借り物ではダメ・・・。

 

 

だから、一度、

 

「どのような人にどう役に立つか」

 

という問いかけを言語化しておく必要があるのです。

 

 

言語化しておかないと、しっくりくるかわからないし、相手に響くかもわかりずらい。

 

 

この問いに明確に答えることができ、ワクワクして「そのために何をするか」を考え、次々と実行に移せたら、その商売や事業は自動的に成功していくでしょう。

 

 

ちなみに私の場合のこの問いの答えは、

 

 

「小売業サービス業経営者やその従業員に、常識にとらわれない情報やサービスをタイムリーに提供することにより、楽しく豊かになっていけるよう善循環へといざなう」

 

 

です。

 

 

そう、まさしくこの問いに答えるだけでも「企業理念」ができてしまうのです。

 

 

このような理念を持っているからこそ、私は、一見社労士と関係がないこと・・・、例えば、冒頭のように商売の相談にのったり、社楽会で情報や教材を提供したりしているんですね。

 

 

「どのような人にどう役に立つか」さえ決まれば、あとはすべて「手段」になります。

 

 

目的が決まれば、手段は自ずと出てくるし、特定の手段にこだわらなくても良いということになります。

 

 

これがブレない「事業領域」とか「選択と集中」につながるんですね。

 

 

もし集客に自信がないということなら、このあたりをまず考えてみることをお勧めします。

 

 

あと、「何となくコンセプトや目的はあるけど、具体的に表現したことがない」という方も、この問いの答えを紙に書き出すことをお勧めします。

 

特に「会って話をしても、なかなか経営者に響かない」という方は、是非とも何度かお読みいただき、実際に書き出してみることをお勧めします。

 

お客様がお願いしますと言ってくれないのは、そこが明確でないために、お客様が何に共感して良いのかわからない可能性が高いですから・・・。

 

==============================
無料で公開! 7つの社労士営業ノウハウはコチラ↓↓↓
==============================

社労士開業 社労士事務所のコンセプト関連ページ

社労士開業で成功する心構えについて
社労士開業で成功するためのマインドについてお話します。
社労士の独立開業の時期
「いつ社会保険労務士として独立開業したら良いでしょう?」よく聞かれる質問なのですが、こればっかりは、その人の覚悟、境遇、能力等を勘案しないと何とも言えません。
社労士の適性と価値観
私は開業をする際に、自分の「適性と価値観」を見極めることが重要だと思っています。「でも、穂浪さん。適性なんてやってみなければわからないじゃないですか?」
社労士のビジネスモデル
世の中には、たくさんの社労士さんがいます。そして、その商売のスタイルもいろいろです。完全な手続き屋さんから、高額コンサル。マジメな代書屋さんから、いつも夜の街で盛り上がっている方まで・・・
社労士開業にあたり今すぐはじめること
「来年○月に独立開業する予定なんですけど、 何を勉強すればよいですか?」結構多くの方にこの質問を受けるのですが、私の答えは決まっています。
社労士試験に合格したらすべきこと
合格発表の日、あなたが合格していたら、それからいったい何をすべきか、ことということで、あなたが開業をするという前提でお話したいなと思います。
社労士開業に必要なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時になければ不都合なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時に あったら便利なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業にあたり事務所は必要か
社会保険労務士の開業のヒント集。
開業社労士の仕事の実際
社会保険労務士として開業したら、いったいどんなことをして、どんな毎日が待っているのでしょうか?ここでは、社労士として開業して12年になる私が、自分や他の社労士の方の「仕事の内容のほんとのところ」について、お話していきます。
社労士事務所経営のウエイト付け
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は経営者マインドを持て
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業における行政との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士のダブルライセンスの必要性
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士独立開業時に借入はするべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業界の常識について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業以外の収入源
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は白色申告か青色申告か
まず白色申告と青色申告の違いですが、わかりやすいように簡単に言うと、帳簿をきちんとつけるなら青色申告でやると税金が安くなりますよ、ということです。
社労士として独立する年齢は?
社会保険労務士の開業のヒント集。
元主婦の社労士独立開業について
社会保険労務士の開業のヒント集。
男性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
女性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業後、軌道に乗るまでの時間
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士以外の他士業との関係
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士の同業者との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士報酬をもらう際の源泉所得税と消費税
社会保険労務士が報酬を受け取る際、 個人の場合(社会保険労務士法人の場合源泉はありません)、 報酬額の10.21%を源泉所得税として源泉します。
社労士の事務処理能力
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士の自己啓発
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士が従業員を雇う時期について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の将来性
社会保険労務士の開業のヒント集。
特定社会保険労務士は取るべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士と人脈
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の一日
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士 講師の仕事
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業本、開業ノウハウについて
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士 開業 商工会議所、商工会について3
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士事務所と個人情報保護
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時のゴム印
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その3
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 社労士が身につけるべき能力 「見抜く」
社労士は、「人」という テーマを扱い、経営者から相談を受ける立場にあると言えます ので、人や物事の本質やしくみを見抜く能力を身につけていく 必要があると思っております。
新規客 VS 既存客
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 事務所の看板
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 テナント事務所VSマンション事務所
社会保険労務士の開業のヒント集。