社労士開業 社労士が身につけるべき能力 「見抜く」

社労士開業 社労士が身につけるべき能力 「見抜く」

今日は、大上段から構えたテーマで、
「社労士が身につけるべき能力」という話をしたいなと
思います。

 

一般的に、企業を顧客に活動する社労士は、「人」という
テーマを扱い、経営者から相談を受ける立場にあると言えます
ので、「人や物事の本質やしくみを見抜く能力」を身につけていく
必要があると思っております。

 

もちろん、「見抜く」と言っても「人」や「経営」に正解があるわけ
ではありませんので、すべてが見えるという意味ではありませんが、
なんせ高い精度で「人」の本質と物事のしくみを見抜いて、それを
伝えることができる能力がある程度必要だと思うのです。

 

かく言う私は、「見抜く能力」を身につけることができるよう
努力はしていますが、テーマが壮大なだけにまだまだ修行中の
身だと思っていますし、すべてを見抜くのは無理だと思って
いますし、その必要もないのかなと思っています。

 

と言う一方で、「ポイント」くらいは見抜けないと、
経営や人間にとって「ピントはずれ」のアドバイスを
することになりかねません。

 

だから、「見抜く」という訓練は、日常的に
やっていかないといけないのかなと思っています。

 

だから、こうして研究して発表するわけです。

 

ここでは、人や物事の本質やしくみを見抜くヒントをあげてみます。

 

「見抜けるようになるためのヒント」

 

1、予想、仮説を立て、検証する

 

「見抜く」という作業は、すべては予想や仮説から始まると思っています。

 

というのも、過去も含めて「今起きている事象」に
対して未来にどうつながっていくかを推測することが
「見抜く」ということだからです。

 

わかりやすく言うと、

 

「今(過去)がこうだからこうなる(なったん)でしょ?」

 

がわかるかどうかとうことです。

 

よって、「見抜く」という能力は、普段から、予想、
仮説、検証をしていかないと身につかないということになります。

 

ちなみに、相談に乗る立場の人は、職業病的に
この訓練をしていないとかなり厳しいというのが私の持論です。

 

 

2、つながりを知る

 

「見抜く」とは、「見えないものが見える」ということです。

 

つまり、見えるものから、見えないものを高い精度で
推測しないといけません。

 

この際、大事なのは、「見えるものとつながっているものを
見ようとすること」です。

 

つながりを知ることができれば、一を聞いて
十知るということができるようになってきます。

 

われわれ社労士は、多くの場合、経営の現場に
いないわけで、少ない情報からポイントを汲み取って
いかないといけません。

 

そのためには「何と何がリンクしているか」
知っていると強いということです。

 

 

3、しくみを知る

 

つながりを知ることに通じることでもありますが、
「しくみを知る」とつながりが見えてきます

 

例えば、車が故障したときなんかは、
どこが故障したかを特定するには、車の
しくみがわかっている整備士さんの方が、
素人の人よりも故障した原因を特定するのが
早くなるのはおわかりでしょう。

 

「人」や「組織」や「経営」などのしくみが、
わかればわかるほどつながりが見え、本質的な
問題や課題が見えてくるのです。

 

 

4、原則を知る

 

リンゴが木から落ちるように、物事には「原則」が
あります。

 

この「原則にのっとる」とは、「エスカレーターに乗る」ような
もので、上に行きたいなら昇りのエスカレーターに、下に行きたい
なら下りのエスカレーターに乗ると楽に早く行けるような感じです。

 

逆に原則に逆らうと、上に行きたいのに、下りの
エスカレーターに乗っているようなもので、そりゃ進みません。

 

物事がスムーズに行かなかったりするのは、原則に
逆らっているからと言えます。

 

 

5、フラットな状態でフィードバックを適切に得る

 

見抜く上で気をつけたいのが「思い込み」です。

 

「思い込み」は見抜く精度を低めます。

 

「思い込み」を外すものは、ありのままを受け入れる
フラットさと、相手や事象から発信されるフィードバックを
適切に受け入れる姿勢にあるように思います。

 

フィードバックさえ適切に得ることができれば、
自分の位置や進んでいる方向がわかり、周りの
状況やこれから来る障害がわかり、より目的地に
向かって早くスムーズに進めるようになります。

 

逆にフィードバックを得ないことは、
目をつむって外を走るようなものです。

 

 

==============================
無料で公開! 7つの社労士営業ノウハウはコチラ↓↓↓
==============================

 

 

社労士開業 社労士が身につけるべき能力 「見抜く」関連ページ

社労士開業で成功する心構えについて
社労士開業で成功するためのマインドについてお話します。
社労士の独立開業の時期
「いつ社会保険労務士として独立開業したら良いでしょう?」よく聞かれる質問なのですが、こればっかりは、その人の覚悟、境遇、能力等を勘案しないと何とも言えません。
社労士の適性と価値観
私は開業をする際に、自分の「適性と価値観」を見極めることが重要だと思っています。「でも、穂浪さん。適性なんてやってみなければわからないじゃないですか?」
社労士のビジネスモデル
世の中には、たくさんの社労士さんがいます。そして、その商売のスタイルもいろいろです。完全な手続き屋さんから、高額コンサル。マジメな代書屋さんから、いつも夜の街で盛り上がっている方まで・・・
社労士開業にあたり今すぐはじめること
「来年○月に独立開業する予定なんですけど、 何を勉強すればよいですか?」結構多くの方にこの質問を受けるのですが、私の答えは決まっています。
社労士試験に合格したらすべきこと
合格発表の日、あなたが合格していたら、それからいったい何をすべきか、ことということで、あなたが開業をするという前提でお話したいなと思います。
社労士開業に必要なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時になければ不都合なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時に あったら便利なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業にあたり事務所は必要か
社会保険労務士の開業のヒント集。
開業社労士の仕事の実際
社会保険労務士として開業したら、いったいどんなことをして、どんな毎日が待っているのでしょうか?ここでは、社労士として開業して12年になる私が、自分や他の社労士の方の「仕事の内容のほんとのところ」について、お話していきます。
社労士事務所経営のウエイト付け
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は経営者マインドを持て
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業における行政との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士のダブルライセンスの必要性
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士独立開業時に借入はするべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業界の常識について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業以外の収入源
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は白色申告か青色申告か
まず白色申告と青色申告の違いですが、わかりやすいように簡単に言うと、帳簿をきちんとつけるなら青色申告でやると税金が安くなりますよ、ということです。
社労士として独立する年齢は?
社会保険労務士の開業のヒント集。
元主婦の社労士独立開業について
社会保険労務士の開業のヒント集。
男性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
女性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業後、軌道に乗るまでの時間
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士以外の他士業との関係
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士の同業者との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士報酬をもらう際の源泉所得税と消費税
社会保険労務士が報酬を受け取る際、 個人の場合(社会保険労務士法人の場合源泉はありません)、 報酬額の10.21%を源泉所得税として源泉します。
社労士の事務処理能力
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士の自己啓発
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士が従業員を雇う時期について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の将来性
社会保険労務士の開業のヒント集。
特定社会保険労務士は取るべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士と人脈
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の一日
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士 講師の仕事
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業本、開業ノウハウについて
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士 開業 商工会議所、商工会について3
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士事務所と個人情報保護
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時のゴム印
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その3
社会保険労務士の開業のヒント集。
新規客 VS 既存客
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 社労士事務所のコンセプト
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 事務所の看板
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 テナント事務所VSマンション事務所
社会保険労務士の開業のヒント集。