社会保険労務士の開業情報

社労士の自己啓発

社会保険労務士は「自分の専門知識や経験を売る仕事」
であると言えるので、売るものが目に見えません。

 

強いて言うなら、「あなたが発するものすべて」を売る仕事で
あると言えます。

 

言葉、雰囲気、笑顔、お客さんのためにする作業など、
すべてはあなたが発するものということになります。

 

そこで、あなた自身を高めておかないと、
あなたが発するものが弱かったり怪しかったり感じ悪かったりして、
あなたという商品を買ってもらえません。

 

ここでは、あなたを高める「自己啓発」と社労士の仕事の関係に
ついてお話しましょう。

 

社労士の自己啓発

 

世の中には、とても優れた考え方を持っている人が
たくさんいます。

 

私も含めてほとんどの人が独立開業したばかりのときは、
サラリーマン体質、主婦体質、無職体質から抜けきって
おらず、自分のことしか考えてない状態です。

 

お客様となる企業経営者は、企業存続や発展のため、
一生懸命勉強し、実践し、切磋琢磨しながら、優れた考え方や
知恵を貪欲に取り入れています。

 

ということは、そういう人たちに指導する立場の社労士は、
より一層彼らに負けないくらい自分を磨かないといけないと
いうことが自ずとわかります。

 

それではどのように自己啓発をすれば良いか?

 

まず思いつくのは「読書」だと思います。

 

経営者が読んでいる本で、社労士も読んでおくべき本は
いくつかありますが、まずは「7つの習慣」を読むことをお勧めします。

 

理由は、最初に学ぶべき最重要の自己啓発の概念が
学べるからです。

 

次にセミナーへの参加です。

 

セミナーは知恵の宝庫なので、時間を作ってでも行ってください。
そこの参加者と仲良くなれば、営業も兼ねることができるので
一石二鳥です。

 

そして、オーディオ学習。

 

私はほとんどの学習をこのオーディオ学習で
行っています。

 

理由は、繰り返し学べるから。

 

運転しながらなら、平気で10回以上リピートして
学習できます。

 

10回以上勉強したら、私のように記憶力に自信がなくても
頭に残る確率が高くなります。

 

なお、ネット社会では、無料で有益な音声セミナーが
たくさんダウンロードできます。

 

検索で探してみてもいいでしょう。

 

他にはお寺での修行とか、瞑想とかあるようですが、
私自身やっていないので、お勧めできませんが、あなたが
興味あるならやってみてもいいのではと思います。

 

が、今までの話の共通事項になりますが、お金をかけるときは
くれぐれも慎重に考えてください。

 

特に何十万円もするセミナーなどは、どんなに広告で良いことを
言っていても、「回収はできない」ことを肝に銘じてください。

 

特に成果を保証しているセミナーほど要注意です。

 

残念ながら誰でも成果が出るセミナーはありません。

 

多少前向きになったり、モチベーションが上がったり、
行動できるようになったりはしますが、ビジネスの成果は
いろいろな要素が組み合わさって初めて出るものですので、
極めて個人差が大きいものと思ってください。

 

 

==============================
無料で公開! 7つの社労士営業ノウハウはコチラ↓↓↓
==============================

 

 

社労士の自己啓発関連ページ

社労士開業で成功する心構えについて
社労士開業で成功するためのマインドについてお話します。
社労士の独立開業の時期
「いつ社会保険労務士として独立開業したら良いでしょう?」よく聞かれる質問なのですが、こればっかりは、その人の覚悟、境遇、能力等を勘案しないと何とも言えません。
社労士の適性と価値観
私は開業をする際に、自分の「適性と価値観」を見極めることが重要だと思っています。「でも、穂浪さん。適性なんてやってみなければわからないじゃないですか?」
社労士のビジネスモデル
世の中には、たくさんの社労士さんがいます。そして、その商売のスタイルもいろいろです。完全な手続き屋さんから、高額コンサル。マジメな代書屋さんから、いつも夜の街で盛り上がっている方まで・・・
社労士開業にあたり今すぐはじめること
「来年○月に独立開業する予定なんですけど、 何を勉強すればよいですか?」結構多くの方にこの質問を受けるのですが、私の答えは決まっています。
社労士試験に合格したらすべきこと
合格発表の日、あなたが合格していたら、それからいったい何をすべきか、ことということで、あなたが開業をするという前提でお話したいなと思います。
社労士開業に必要なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時になければ不都合なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時に あったら便利なもの
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業にあたり事務所は必要か
社会保険労務士の開業のヒント集。
開業社労士の仕事の実際
社会保険労務士として開業したら、いったいどんなことをして、どんな毎日が待っているのでしょうか?ここでは、社労士として開業して12年になる私が、自分や他の社労士の方の「仕事の内容のほんとのところ」について、お話していきます。
社労士事務所経営のウエイト付け
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は経営者マインドを持て
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業における行政との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士のダブルライセンスの必要性
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士独立開業時に借入はするべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業界の常識について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士業以外の収入源
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士は白色申告か青色申告か
まず白色申告と青色申告の違いですが、わかりやすいように簡単に言うと、帳簿をきちんとつけるなら青色申告でやると税金が安くなりますよ、ということです。
社労士として独立する年齢は?
社会保険労務士の開業のヒント集。
元主婦の社労士独立開業について
社会保険労務士の開業のヒント集。
男性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
女性社労士の強み
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業後、軌道に乗るまでの時間
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士以外の他士業との関係
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士の同業者との付き合い方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士報酬をもらう際の源泉所得税と消費税
社会保険労務士が報酬を受け取る際、 個人の場合(社会保険労務士法人の場合源泉はありません)、 報酬額の10.21%を源泉所得税として源泉します。
社労士の事務処理能力
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士が従業員を雇う時期について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の将来性
社会保険労務士の開業のヒント集。
特定社会保険労務士は取るべきか
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士と人脈
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士の一日
社会保険労務士の開業のヒント集。
社会保険労務士 講師の仕事
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業本、開業ノウハウについて
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 商工会議所、商工会について2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士 開業 商工会議所、商工会について3
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士事務所と個人情報保護
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業時のゴム印
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その2
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 パソコンの選び方 その3
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 社労士が身につけるべき能力 「見抜く」
社労士は、「人」という テーマを扱い、経営者から相談を受ける立場にあると言えます ので、人や物事の本質やしくみを見抜く能力を身につけていく 必要があると思っております。
新規客 VS 既存客
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 社労士事務所のコンセプト
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 事務所の看板
社会保険労務士の開業のヒント集。
社労士開業 テナント事務所VSマンション事務所
社会保険労務士の開業のヒント集。